ブログ

才能を活かし合う日本の神様

我が国、日本には「八百万の神」と呼ばれるほど、多種多様な数多くの神様がいらっしゃいます。 森羅万象全てに神を感じる日本古来の考え方で、惟神の道に通じ、様々な神様を祀る神社が日本全国にございます。その数はなんと、88,000社以上!家の近くにあるコンビニよりも遙かに多い数の神社が日本にはあります。すごいことですよね。

そして、気が付くことは、それぞれの神様が非常に個性的で特筆すべき才能、能力をお持ちで人々の尊敬を集めているということです。

伊勢神宮の内宮に祀られております太陽神、農耕神である「天照大御神様あまてらすおおみかみ」を始め、天照様がお隠れになった岩戸の前で踊った日本最古の踊り子、芸能の女神「天宇受賣命あめのうずめのみこと」、岩戸の外が賑やかなので天照様が顔を覗かせた瞬間をみて、岩戸を引きあけて天照様を出し世界に明るさを戻した力の神「天手力男神あめのたぢからおのかみ」など、才能と個性が豊かな神様ばかりです。

また、神話に出てくる神様だけではなく、学問の神様として崇め祀られている菅原道真公、五箇条の御誓文や教育勅語などを下賜され国民から多くの尊敬を集めた明治天皇陛下、そして日露戦争の英雄で明治天皇を追って殉死した乃木希典陸軍大将など多くの実在の人物で才能豊かな方々が神様となり崇められています。

医のことならここ、子宝ならここ、仕事で成功するならここの神様というように、古来日本では才能を活かして生きることが当たり前で、才能を活かして生きた人々が、周囲の尊敬を集めていた国だということを神社や神様を通じて感じました。西洋の一神教的な全知全能の神に全てを頼るではなく、日本はこのように神様も神様になった人間も含めて、それぞれの得意分野を明確にし分担しているところが思想的に面白いと思っています。

いつからか日本では個性の強い人、つまり才能豊かな人を、周りと違うからということで押さえつけてしまう画一的な教育に変わってしまいました。企業も製造業が隆盛の時代であればよかったのかもしれませんが、従順な従業員を求めるあまり、結果的に個性のない、あるいは個性や才能を抑えてしまっている大人たちが社会に増えてしまっているように思えます。

もはや日本は製造業で成り立つ国ではなくなっているのは周知の事実です。日本の製造業が世界で台頭しはじめた結果、米国の製造業は衰退し、多くの製造メーカが消えていきました。ただ、その後、米国は世界中から頭脳を集め、最先端ITテクノロジー、特許などのソフトパワーへのシフトを大々的にはかり、結果的に世界をリードする国として生き残りました。

かたや日本はどうでしょうか?バブル崩壊から既に30年以上経ちますが、いまだに製造業から脱却を図れていないように思えます。

政治や国際情勢など色々な要因はありますが、先進国で日本だけが唯一、この30年間成長をしていない国になってしまっています。

景氣が上向かないので、企業で働く社員の皆さんは懐が潤いませんし、ストレスが多く幸福を感じている人たちは少ないのではないでしょうか。真面目で勤勉な日本人が幸福でないことは本当に悲しむべきことです。

当社を設立した理由は、「とにかく日本を元氣にしたい」の一心です。働く人たちが自信を持ち生き生きと仕事をすることで、日本が今一度、輝き始めることを実現させたいと思っています。個々人が自らの才能を発揮し創造力を使って社会を発展させていくこと、貢献をしている自分を知ることが幸せになることだと思います。

日本中にいる神様が示してくださるとおり、元々の日本人は個性を出し合って助け合ってきた民族です。

チームジーニアス株式会社では、個々人が持つ天から授かった天賦の才(天才)と経験から培われた強みをベースに自分らしさを知り、そこからどのように時を読んで、創造力が発揮でき未来思考を描き実践していけるのかのお手伝いをします。

お悩みのある経営者様、お気軽にお問い合わせください。