事例

接骨医経営のA様

BeforeAfter
様々な改善を試みても経営は減収続きで厳しい。
またスタッフ同士の人間関係も問題があった。
売上、顧客数ともに40%アップ!
人間関係も改善し人が集まる場に。

お悩み

A様は経営する接骨医の収益が右肩下がりになってきたため広告を出したり様々な取り組みをされましたが改善がみられず悩んでいらっしゃいました。

主な調査結果

当社にご依頼を頂き、現地調査ヒアリング、各種分析※を行ったところ以下のことがわかりました。

・サービスとしては痛む所を中心に施術をされる一般的なもの

・職場での人間関係に問題があるスタッフがいる

・接骨院に入った時の感覚が心地よくなく氣の流れが悪い

・お客さまは老齢の方が多く、淋しくされている方が少なからずいる

・A様は面倒見がよくお客さまに寄り添っていかれるタイプ

提案した主な処方箋

1) お客さまのための和みの場をつくる

接骨医の隣に運動出来る場所を作り、そのあと軽いお食事も出来て話せる場所も作るなどお客さまが癒される場をつくる

2) スタッフの天賦の才を活かした配置変え

人財分析の結果から、接客が得意な社員に接客をしてもらう、また新しくつくる和みの場で提供する軽いお食事は料理上手な社員に料理を作ってもらうなど、其々の才能を活かした配置に変える。

3) 氣(エネルギー)の流れを整える

4) レイアウト変更をはじめとする各種処方

実施後の結果

1) お客さまのための和みの場をつくる

和みの場は賑わうようになりました。お餅つきなど色々なイベントを数カ月に1回行うなど皆さんにとって楽しくなくてはならない場所になっていきました。ひとり寂しく過ごしていたお客様からはとても感謝されました。中には泣いてお礼を言う方もいたそうです。

2) スタッフの天賦の才を活かした配置変え

天賦の才を活かす配置によりスタッフの方々からお客さまによろこんで頂ける色々なアイデアや工夫が自然と生まれる様になりました。

3) 氣(エネルギー)の流れを整える

整えてから間もなく、人間関係に問題があったスタッフは自ら去りました。

また、お客さまからはなんかここにくると癒される、気持ちが良いと言われるようになりました。曲がった指が元に戻らず医者にも見放された患者さんは何回か治療を重ねていくと指が動くようになりました。そこからあそこに行くと治ると言われるようになり口コミが広がって行きました。

さらには、氣(エネルギー)の流れを整えることで運氣が改善され、良いご縁につながりました。筋肉強化のマシーンをあり得ないほどの安い価格で譲ってもらうことが出来、新しいサービスが加えることができました。

気が付くと右肩下がりだった売り上げもお客さまの数も右肩上がりに増えて40%アップとなっています。

現在は以前あった不安は消え余裕ができたので将来の事も考え経営者ご自身の天賦の才を活かした新しいことをしようと今から計画しています。

更なる飛躍に向けて (VEの観点から)

サービスの価値をお客さまの立場に立って徹底的に見直します。様々なサービスが果たしているそれぞれの機能を分析し改善します。

お客さまにとってムダなもの価値が低いものを取り除くあるいはやり方を改善しコストを削減していきます。また他にはない新しい価値のサービス、商品、ビジネスモデルを互いの才能を掛け合わせたチームで生み出していきます。

※チームジーニアス式5つの分析

  1. 顧客分析
  2. 商品・サービス分析
  3. 人財分析
  4. トレンド分析
  5. マッチング分析

お悩みのある経営者様、お気軽にお問い合わせください。